忍者ブログ
Feels So Good
読書メモ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


080f61d9.jpeg







本に関するエッセイと、書評がいくつか。「怪人タネムラ」とも呼ばれ、澁澤龍彦と同系統の人だけれど、本書は書評部分も含め非常にユーモラスで、堅くならずに読んでいける。次はがちがちの評論も読んでみたい。

戦後の読書事情が興味深かった。また、『読まないことの擁護』は特に面白かった。やっぱり答えは出ないのだな。
PR

f3a71c25.jpeg








全三巻の作品精華、他はミステリー、時代小説と銘うっていたものの、非常に幻想味があった。本書は真っ向「幻想小説」集であり、現代を舞台としたホラーや、コメディタッチ、実験小説のようなものまで、実にバラエティ豊か。幽霊譚がやや目立つか。

収録作の中では『骨董屋』が、超自然的な要素の中に無垢な子供の怖さを描き、アンティークで彩ったうえで、締めは希望の見えるラストと、とても印象に残る作品だった。最近刊行が始まった、『皆川博子コレクション』の方には収録されないようで、残念。

74dad8e4.jpeg








本書は単行本『朱鱗の家』、『海と十字架』を収録した第一部、三部と、短編を集めた第二部からなる。タイトル通りに時代小説を集めているが、何を書いても根底は幻想文学の作家なんだなあと思う。

第二部もさることながら、特に第一部は、岡田嘉夫による黒目を配した妖艶な挿絵と、美文の極みとも言うべき調子が相まって、雰囲気だけでもご飯三杯はいけそう。絵巻物風のオリジナル単行本で読んでみたい。第三部は児童文学だけど、子供向けとあなどるなかれ、幻想味は薄いものの、本書の中では一番骨太な作品だった。

a893e63a.jpeg







今更だけど、初村上春樹。イメージしていたよりかは、かなりシンプルで分かりやすかったに思える。ただ、100万部も売れるほど面白いか、と問われると微妙な気もする。

また、話の大部分が投げっぱなしで終わるため、読了後はもやもやしした気分になるかも。他の作品もこういった作風なのだろうか。

07b3873b.jpeg







主要な登場人物が若いからか、はたまた喜劇的な雰囲気も持っているためか、『ハムレット』と比べるとかなりリズミカルな訳だった。誰もが知っているストーリーで、シンプルなものではあるけれど、その分隙がなく、最後まで一気に読ませる。

当然ながら、ロミオとジュリエットの二人は悲劇の主人公として相応しいが、一番かわいそうなのは、ただ単にまきこまれただけだったパリスだろうか。

4c083597.jpeg







数ある翻訳の中から、金子國義の表紙ということもあって本書を選んだけれど、正解だったよう。そのまま台本としても使えるわかりやすさ、響きのよさがあり、格調も高い。おおまかなストーリーしか知らなかったけど、結構猥雑な台詞もあって驚いた。また、どのキャラクターも非常にいきいきと、身近にいるかのように感じた。

こういう読み方は邪道かもしれないが、ハムレットの頑張りが一生懸命なのに空回っているように見えて、なんだか可愛らしく思ってしまった。
 


カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
プロフィール
HN:
冬吉
性別:
男性
職業:
SE
趣味:
ピアノ、ウクレレ、読書
バーコード
カウンター
アクセス解析
1  - 2  - 3  - 4  - 5  - 6  - 
忍者ブログ | [PR]